テーマ:まちづくり

わが家の宅地相談2/土止め壁

 人間は年をとり加齢とともに、色々~な変調が生じてきますよね、 同じようにや宅地/土地も年をとります。  皆様は、リタイヤや、定年退職、隠居などと言って、現役から退い て、人生の定年退職「寿命」が来るまで、楽しく第二の人生を過ごし ます、ってことになりますが、や「宅地/土地」には、現役と …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

わが家の宅地相談1

 皆さんの居住している建物は、建物自身の重さや、風圧や 地震力などの外力を、柱→土台→基礎を経由して、その下の土→地盤に 伝え、支えられて、安定成立しています。  裏を返せば「宅地/土地」が、建物を安定させる最も重要な、最終的な 踏ん張りとなっているわけです。  踏ん張りが、へたって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南柏野馬土手エリア緑の危機4

 このブログの発信人(おーちゃん)は、「まちづくり」のために緑「やま」は 必要なものだと考えて、発信しています。  この開発行為を契機に、「豊四季みどりの広場」で行き交う人達と、立ち話し をしてみると、いろいろな意見が有ります。  そこでここでは、発信人(お…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

会名変更です

 今年度(08年)の総会で、会名称の変更をしましたので、少し報告が遅れて しまいましたが、告知します。  旧名称→柏市「まちづくりお助け隊」の会           ↓                                                                      {%キラキラwebry%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まちなか野馬土手道路2

ちょっと時間が空いてしまいましたが、野馬土手道路の続きです。  柏駅周辺などの、まちなかくねくね道路は、もともとは野馬除土手があった場所 で、明治以降じょじょに道なったようです。  資料によると、大正まで柏駅側を横切っていた土手が有ったそうですから、駅周 りまちなかは、小金牧の中と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まちなか野馬土手道路1

 柏のまちなか周辺に、狭くて変に折れている道路が有りますよね、 なんでこんな所に道が有るのかな?って考えていた人もいると思います。  周りのまち並みにそぐわず、斜めに通っていたりする道は、元は土手だった ようです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「まちづくり」足下提案/道端絵描き歩道

 柏市は全国平均より早めに、少子高齢化社会に移行しているそうです、 これからは自分で車を運転しての移動から、交通機関や歩く移動 へと変わっていくことになります。   車などの乗り物を使わず歩くことは、健康やエコにとって…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

「まちづくり」足下提案/歩道

 寄り道、花道、道草、抜け道、街道、横道、道端・・・・・・・「道」の つく場所ってな~んだかひかれますよね、「道」には人々の活気「交流、 賑わい」の場が有るからなんです。  移動するためには、歩くしか無かったちょっと前(?)の頃「道」は、 立ち話しをしたり、{%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

面白街道「旧水戸」

 柏市には、地元の人達から「旧水戸」と呼ばれる街道が有ります、 陸前浜街道と言うのがちゃんとした街道名らしいのですが、水戸街道 (国道6号線)に対し旧水戸街道→「旧水戸」と呼ばれています。  明治より前、市域の大半は幕府直轄の軍馬育成場「小金牧」だったことから、 「旧水戸」は無人の原野に通っていたようです。…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地震で地面は↑ゆ↓れないの?

 地震がおきると地震動で建物が揺らされ、弱い建物は崩壊して 人命を含め、被害が多数でますよね。  近年では95年1月に発生した、兵庫県南部地震(←阪神淡路大震災)で、20万戸 を超える家屋が崩壊し、多数の人命が奪われました。  この惨事を契機に、「建築物の耐震改修の促進に関する法律」が制定さ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

未接道でも建て替え?

 建物って、原則4m以上の道路に2m以上接していないと、 建築出来ませんこれを「接道義務」と言い、接して無い状態が「未接道」です。  そんなことをいっても、現状では様々な道路形態で建築されています よね、4m以上の市・県道なら良いですが、公道だけど2~3m程度の道 路(←2項道路って言います)や、…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地面の中って見られる?

 住んでいるまち並の下の地面って、ど~んな土で出来ているのか、見てみたい ですよね。  上からいくらギロギロ見ても、もちろん見えないですよ、見るためには掘って横か ら見る必要があります。  工事予定地な~んかでボーリング調査ってしているのをご存じですか、それが 地面の中を横から見るためにやってる作業なんですよ。↓  そう…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

地面が液体に

 地面が液体になるのって想像すると怖いですよね、地震による被害 の一つに「液状化現象」が有ります。  地震動で地面が一時的に液体のようになり、建物を傾かせたり、道 路が波うったように崩壊したりする現象のことです。  古くは1964年の新潟地震で、鉄筋コンクリート集合住宅が無傷のまま何 棟…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

間知って

 擁壁(←土止め壁)の種類で、間知→「けんち」と読みます。 日本古来からの土止め壁で、お城の石垣なんかの子孫系列に位置します。 ただし現在では、原材料の石が手に入りにくい+石工職人が少ないので、  コンクリートブロックになって「間知ブロック」といっています。 こんなのです。↓ ↑基礎修行を終えて、柏市でまちづくり設計を{%…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

柏まちづくりお助け隊の話し

 柏のまちづくり技術屋達で(→計画+設計+工事屋+顧問の先生)、技術面からの まちづくり応援隊を、06年9月に結成しました。  柏市役所が柏東口、ヨーカ堂前に「市民活動センター」を開設したのが、 きっかけでした。  公共事業が激減し、地元の公共事業に関係した仕事のおじさん達が、集まっては…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

歩道はオアシスになる?

柏のまち道路(←街路)で、一番広~い歩道の設計にたずさわりました。関わったのはH6~H14年の間です。西口のKホテルの前です。 この道路は、都市計画により決められたもので、西口駅広から国道6号まで、今の道路幅16mを、拡幅し25mにする計画です。 ホテルの場所の再開発により…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more