テーマ:野馬土手

モノモノニャン

 モ~ノ♪、モノ♪、モ~ノ♪、モノト~ンニャンニャン、ニャン♪ ニャン♪、モノト~ンニャン。  とある、春気温になった、晴天の午後のことです、階段ニャン の居場所で、出会…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

居るニャン

 居~る♪、居~る♪、居るニャンニャン、土~手ニャン 居るニャンニャン。  とある師走の午後のことです、3ヶ月ぶりにニャン場をし ました。  久しぶりのニャン場では、秋…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

雪のちニャン

ヤッホ~土手ニャン、超~元気そう。  外ニャン達と会いにくい寒~い日々、週末は雪となり ました。  やっぱり、{%雨web…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

野馬土手ニャン

あっ土手ニャ~ン発見、野馬土手が縄張りなんだ。  とある、寒~い午後のことです、R6スーパー灰白に会いにて くてく出かけました。  その昔、馬牧であったこの地域は、馬牧と、人の国を分ける人…
トラックバック:0
コメント:1

続きを読むread more

野馬のサイン

 柏市域中央の下総台地部の土地利用は、平将門の時代より、軍馬を育成 する「牧」に利用されておりました。  江戸時代からは、徳川幕府を支える軍馬育成牧「小金牧」として、幕府直轄で運営 され、明治2年に閉鎖されるまで、多くの軍馬を供給してきました。  そんなことで、台地部での土地利用の当…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

エ~野馬土手の化石

 柏市って歴史をさかのぼれば、平将門の活躍したころより、軍馬牧場だったよう で、数々の痕跡が現在でも、見ることができます。  軍馬の牧が最も整備されたのは、江戸時代に入ってからで、東葛地区の下総 台地で、3000頭以上の幕府直轄軍馬がいたそうです。  軍馬の牧は、小金牧と総称…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南柏野馬土手エリア緑の危機4

 このブログの発信人(おーちゃん)は、「まちづくり」のために緑「やま」は 必要なものだと考えて、発信しています。  この開発行為を契機に、「豊四季みどりの広場」で行き交う人達と、立ち話し をしてみると、いろいろな意見が有ります。  そこでここでは、発信人(お…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南柏野馬土手エリア緑の危機3

 このところ「豊四季みどりの広場」の周辺で、測量の杭や、地面に張られたり、 樹木に巻かれてたりするビニールひもが目立つようになり、「な~にがおきるん だろうー?」と、思っていたところでした。  8月8日開発行為許可の告知掲示板が確認され、5000㎡(30戸)を越 え…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南柏野馬土手エリアみどりの危機2

 散歩の途中、見たり聞いたりしてきた、宅地開発工事が始まるまでの、「豊四季み どりの広場」の変遷や、経緯を報告します。  散歩を始めたのは、12~13年前ですから、1995年頃だと記憶しています、その 間わりと平穏に過ぎてきたので、広場の土地所有者が誰で、柏市はどのよ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

南柏野馬土手エリアみどりの危機1

 JR常磐線南柏駅から、北側に5分程歩いた住宅街の中に、鬱蒼とした森(やま) が有ります、そこがこれから発信する、みどりの危機の舞台、「豊四季みど りの広場」です。  広場と称していますが、広場が有るわけでは無く、杉、ヒノキ、ケヤキ、イヌシデ、ク ヌギなどの混成樹林地→「やま」です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まちなか野馬土手道路2

ちょっと時間が空いてしまいましたが、野馬土手道路の続きです。  柏駅周辺などの、まちなかくねくね道路は、もともとは野馬除土手があった場所 で、明治以降じょじょに道なったようです。  資料によると、大正まで柏駅側を横切っていた土手が有ったそうですから、駅周 りまちなかは、小金牧の中と…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

まちなか野馬土手道路1

 柏のまちなか周辺に、狭くて変に折れている道路が有りますよね、 なんでこんな所に道が有るのかな?って考えていた人もいると思います。  周りのまち並みにそぐわず、斜めに通っていたりする道は、元は土手だった ようです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more